BOAT RACE 三国 10#

07/19Friday

開催中

本場開門時間:8:15

文字サイズ:

■4/1~9/30までの期間「モーニングレース」を開催しています。本場開門時間 8:15  第1レーススタート展示時間 8:29   ※9/18(水)~9/23(月・祝)のPGⅠヤングダービーはデイ開催です。   

レース展望

一般

近畿・東海支部集結!モーニングバトル

7/
18
19
20
21
22
23

A1級が11人と大挙参戦!大混戦の近畿・東海地区メンバーの戦い!

ジリジリと真夏の太陽の下、海も良いが水面を走り抜けるボートレースもいかがだろうか。今シリーズは近畿支部と東海支部の選手から構成される「近畿・東海支部集結!モーニングバトル」で、7月18日から開催される。抜けた存在はいないが近畿支部から6人、東海支部からは5人のA1級選手が参戦と拮抗したバトルが見られることは間違いない。
近畿支部の注目選手は今節唯一のSG覇者である馬袋義則。近年は目立った活躍こそないが6月には若松で優勝するなど今年は8優出2Vと安定した強さを見せている。田中和也は5月末から平和島、戸田と2節連続優勝を飾るなど絶好調だ。他にも三国3Vの古結宏や昨年4月に大外から一気に優勝をかっさらった稲田浩二、そして地元からはスタート一閃、中辻博訓が出場だ。
東海支部からは2月の当地でモーターを節イチに仕上げて2コースから優勝した野長瀬正孝が参戦。昨年12月に当地で優勝、6月の宮島周年で優出と隙のない万能型レーサーの河合佑樹や、昨年はB1級の時期もあったが今年は既に4Vと暴れまわっている坂口周と、熱いバトルに期待が膨らむ。

  • 3502
    渡邉英児(静岡)
  • 3833
    中辻博訓(福井)
  • 3984
    坂口周(三重)
  • 4002
    古結宏(兵庫)
  • 4290
    稲田浩二(兵庫)
  • 4494
    河合佑樹(静岡)
4572
渡部悟(大阪)

メキメキと力をつけてきた105期、渡部悟に注目

105期といえば、磯部誠、佐藤翼、最近注目の塩崎桐加など存在感が増している若手がそろっている。それに比べると、ここまで渡部悟は目立つ方ではなかったかもしれない。しかし、近年7期連続A2級キープと実力は確かだ。2018年6月、常滑での悲願のデビュー初Vをきっかけに一皮むけた印象が強く、4月の多摩川G3では4カドからトップスタートを決め、そのまま強引にまくり切ってグレードレースを制するなど、渡部本人も手応えを感じているのではないだろうか。今年はここまで5優出1Vと昨年の成績に半年足らずで届いているところを見ると、渡部の成長ぶりがうかがえる。新期勝率も5.99と自己最高を記録し、A1級への道も見えてきた。渡部のレースを見ると大敗が少なく、スタートや着取りにも安定感がある。それが7期連続でA2級をキープの要因だろう。これからはG2レース等、1ランク上のレースでも期待できる存在になりそうだ。準地元の当地は走る機会も多く、約2年前には優出を決めている。三国の水面で優勝を勝ち取る渡部の姿をぜひ見てみたい。

全国過去3節成績
2019/07/09~2019/07/13第13回ヤクルトカップ宮 島313 3311[2]
2019/06/27~2019/07/02マクールカップ 男女W優勝戦徳 山142 6 554 51
2019/06/14~2019/06/18マクール杯常 滑46312 16

※数字は07/17現在のものです。