BOAT RACE 三国 10#

10/22Monday

開催中

本場開門時間:10:00

文字サイズ:

■10月からデイレース開催になりました。   ■本場開門時間は10:00、第1レースのスタート展示時間は10:08です。   

レース展望

一般

第44回 初夢賞

12/
30
31
1/
1
2
3
4

福井ツートップの今垣と中島に連覇を目指す萩原が挑む

年末年始恒例の初夢賞。今年も福井支部選手を中心に強豪が集結した。中心になるのは、今垣光太郎と中島孝平の福井支部ツートップだろう。今垣は、SGチャレンジカップで痛恨のF。期初めでF持ちと苦しい状況だが、抜群の実績を残す地元水面。エースとして気合の走りで3年ぶりとなる初夢賞制覇を目指す。もう一人の中島は調子が上がってこなかったが、課題だったスタートが決まり始めG1でも連続優出するなど調子を上げてきた。2017年は地元での優勝がなかっただけに久々の優勝を初夢賞制覇で決めたい。
一方、今年絶好調なのが7優勝の萩原秀人だ。地元でもG3を含む3優勝。勢いそのままに初夢賞連覇を目指す。今年地元で3優勝、G1戦2優出の石田政吾も好調を維持しており、侮れない存在だ。前回の初夢賞は優勝戦2号艇で敗れたリベンジを狙う松田祐季や、約5年ぶりとなる地元優勝を目指す武田光史も差がなく熱い走りを見せる。
他にも、初のA1級昇格を果たした前出達吉、A1復帰が決まった吉川喜継、G3優勝の実績がある岡祐臣と遠征勢も油断できないメンバーがそろった。

  • 3388
    今垣光太郎(福井)
  • 3635
    石田政吾(福井)
  • 3654
    武田光史(福井)
  • 4013
    中島孝平(福井)
  • 4061
    萩原秀人(福井)
  • 4391
    松田祐季(福井)
4972
横川光弥(福井)

地元の120期新人・横川光弥 連日の猛練習実り初連対なるか!

2017年5月に三国でデビューして半年が経過。ここまで舟券に絡めず、丸亀でフライングを切るなど、厳しい戦いが続いている。デビューしてからの意識の変化や目標を聞くと「食事等での体調管理やモチベーションの維持などを最近意識しています。走り方として大きく変わってきたのは自分の走り方はもちろんの事、内の艇の動きなどをしっかり見ながら、自分の入る位置を定めていかなければどうやっても勝てないので、その辺を今練習・勉強中です。」と話してくれた。連日積極的に練習する姿も見られ、その成果を地元水面での発揮に期待。

全国過去3節成績
2017/12/14~2017/12/18マンスリーBOATRACE杯尼 崎4 6 666 転
2017/11/23~2017/11/27エディウィン鳴門開設6周年記念競走鳴 門6 666 666
2017/10/26~2017/10/29白熱の準優6R制! 勝ガマカップ蒲 郡666 556

※数字は12/29現在のものです。