BOAT RACE 三国 10#

01/18Thursday

非開催

本場開門時間:

文字サイズ:

ボートレース三国は4/3~9/20(※7/4~7/9「GⅡMB大賞」除く)まで朝の時間帯から開催されるレース「モーニングレース」を開催します。    

レース展望

一般

むつき第1戦

1/
11
12
13
14
15
16
17

地元期待の下出卓矢が強豪遠征勢に挑む

正月レース直後の開催ということもあり地元のスター選手は不在での開催となるが、注目は3期連続のA1キープに成功した下出卓矢。2017年は優出11回、8月の唐津で通算3回目となる優勝を飾り、10月に行われた大村周年では予選突破を果たし、12月住之江で再び優勝。これからの三国を引っ張る存在の一角として2018年の活躍にも期待が持てる。一方、遠征勢筆頭となるのは西山昇一だろう。2017年は10優出するも優勝には一歩届かなかった。相性の良い三国で優勝を飾り新年は好調の波に乗りたい。その西山を優出回数で上回り2017年優出13回・優勝2回と好調だった寺本重宣。また、前回の当地参戦時に見事優勝し、2018年前期はA1復帰を果たした大橋純一郎や、2018年前期勝率6.91で今節メンバー中トップの河合佑樹、前回の参戦では堅実な走りで優勝戦に駒を進めた野添貴裕など実力伯仲の強豪メンバーがそろった。
ほかにも、2018年前期A2落ちとなってしまったが三国でSGやG1の優出経験がある金子良昭、地元では断トツの成績を残す齊藤寛人の存在感は大きい。近況成績上昇の加藤翔馬や宮之原輝紀の若手二人の動きも目が離せない。

  • 3022
    西山昇一(愛知)
  • 3555
    野添貴裕(大阪)
  • 4073
    大橋純一郎(静岡)
  • 4086
    寺本重宣(東京)
  • 4415
    下出卓矢(福井)
  • 4494
    河合佑樹(静岡)
4939
宮之原輝紀(東京)

デビュー初優出果たした118期のホープ宮之原輝紀が三国初登場!

養成所での勝率は第118期トップだった宮之原輝紀、東京支部期待の若手選手が三国初登場。常に握って攻めるレーススタイルが特徴の攻撃的なレーサーだ。地元平和島で開催された「ほぼ女子戦」では、東京支部の先輩・長田頼宗など強豪がそろう中、落水失格の不利がありながらも、持ち前の全速スタートとターンで見事にデビュー初優出(結果は3着)を果たした。デビュー2期目の2017年前期勝率で4点台をマークし、3期目となる2018年前期も4点台をキープし伸び盛りだ。三国でも得意の豪快な走りでシリーズを盛り上げてもらいたい。

全国過去3節成績
2017/12/26~2017/12/31第36回日本モーターボート選手会会長賞平和島46
2017/12/15~2017/12/18ボートピア横浜開設10周年記念平和島31124 31
2017/12/03~2017/12/07ルーキーS第12戦是政プリンスカップ全R進入固定多摩川4 35654 1

※数字は01/10現在のものです。