BOAT RACE 三国 10#

05/27Sunday

開催中

本場開門時間:8:15

文字サイズ:

ボートレース三国は4/3~9/20(※7/4~7/9「GⅡMB大賞」除く)まで朝の時間帯から開催されるレース「モーニングレース」を開催します。 開門時間は8:15からとなります。   

レース展望

一般

日本財団会長賞 第42回九頭龍賞

6/
3
4
5
6
7
8

江口晃生、今村暢孝、吉川昭男と進入から目が離せない一戦

濃いメンバーがそろい、進入から楽しめそうなシリーズとなる「第42回九頭龍賞」。注目は昨年の最多勝利選手に輝いた吉川昭男。昨年に比べると多少勢いは落ち着いたが、当地は優勝5回と相性抜群で、三国は毎回地元のように走っている実績ある水面だ。今回も好相性を見せつけ、シリーズを引っ張るに違いない。江口晃生はここ最近調子悪いが、前回の三国参戦時は優勝している。積極果敢なコース取りから、巧みなレースを披露し、シリーズリーダーを争うこと必至だ。コース取りと言えば今村暢孝も間違いなく存在感を放つ一人。今年に入ってから2回の優勝を飾っており、今節はフライング休み明けの一戦となるが、場内を沸かせてくれるだろう。
そして最近絶好調なのが深谷知博だ。新期適用勝率は7.90と自己ベストの成績を残し、今年は5月初旬の時点ですでに5回の優勝を挙げている。進入がもつれる場面も多そうなこのシリーズでは、速攻力ある深谷が1マーク突き抜ける展開も多く見られそうだ。他にも吉永則雄や白石健などスピードある選手が多い今節、見どころ多く楽しみな一戦となる。

  • 3159
    江口晃生(群馬)
  • 3265
    今村暢孝(福岡)
  • 3582
    吉川昭男(滋賀)
  • 4099
    吉永則雄(大阪)
  • 4109
    谷津幸宏(埼玉)
  • 4524
    深谷知博(静岡)
5017
澤田尚也(滋賀)

滋賀支部期待のレーサー、澤田尚也

2017年9月22日、福岡のボートレーサー養成所で実施された「第121期修了記念競走」において3コースからまくって優勝し、見事に121期のボートレーサー養成所チャンピオンに輝いたのが滋賀の澤田尚也だ。滋賀支部としては青木玄太以来となる卒業記念競走の優勝者となり、これからの活躍が期待されるレーサーである。そんな澤田だがデビューから1カ月後には地元びわこで初1着、水神祭を達成。デビュー半年を経た現在では、勝率2.71で7月から適用される新期級別ではB1昇格を決めた。デビューから半期でB1と、期待通りの成長を見せている澤田尚也。このシリーズではまだB2級での参戦となるが、準地元で走る機会も多い三国での戦いはもちろん、進入の幅も広がるこれからの澤田尚也のレースに注目したい。

全国過去3節成績
データは前検日に更新いたします