BOAT RACE 三国 10#

10/22Monday

開催中

本場開門時間:10:00

文字サイズ:

■10月からデイレース開催になりました。   ■本場開門時間は10:00、第1レースのスタート展示時間は10:08です。   

レース展望

一般

しもつき第1戦

10/
30
31
11/
1
2
3
4

実績十分の川崎智幸が中心のしもつき第1戦。

秋も深まってきた時期に行われる「しもつき第1戦」。今節の主役は実績十分の川崎智幸だろう。2018年前期勝率は5.86だったが、現在適用の後期勝率は6.86、5月以降は勝率7点ペース。今年は優出9回、児島のG3マスターズリーグで優勝と調子は上がっている。当地は優勝歴があり、2015年のオーシャンカップでは優出し3着、通算勝率も6.79。今年は三国に2度参戦し、2節ともG2だったが結果は予選敗退。その雪辱を果たすため優勝を狙う。
対抗に挙げるのは安定感が光る上平真二だ。10月7日時点で5月以降の勝率が7点を超えており、今年に入ってから優出が11回、優勝2回と数字にも充実ぶりがうかがえる。最近の三国では2節連続で優出しているが、ともに2着とあと一歩で優勝を逃しており、今回こそはという思いが強いはずだ。
着々と地力を高めてきた宮地元輝も侮れない。今年出場しているG1競走では、いずれも予選を突破。地元の唐津周年優勝戦でFを切ってしまったが、その後の一般戦では優出の連続とFの影響を感じさせない走りを見せている。ほかには、今年V3の岩崎正哉・長岡良也の両選手や、A1級復帰が目前の渡邉睦広にも注目したい。

  • 3300
    川崎智幸(岡山)
  • 3641
    一瀬明(東京)
  • 3737
    上平真二(広島)
  • 3838
    伊藤啓三(埼玉)
  • 3853
    岩崎正哉(福岡)
  • 4445
    宮地元輝(佐賀)
4798
浜先真範(広島)

宮島のフレッシュルーキー、浜先真範。

2013年11月デビュー、113期の浜先真範。去年から2年連続で宮島のフレッシュルーキーに選出されているが、F2など事故点の影響で今期はB2級となってしまっている。降格前は2期連続でA2級、今期もB2級ではあるが適用勝率は5.50という数字を残している。ここ最近の走りを見ると、フライングに苦しんだ後遺症からか中間着が目立つ成績となっているが、近況勝率は5.43(10月7日現在)とA2級を射程圏内に入れ、あとは2連対率アップ。そして、9月には下関で約1年ぶりの優出を決めるなど明るい材料も出てきた。約2年ぶりと久しぶりの当地参戦ではあるが、浜先はこの前回の三国で自身初の優出を果たしており相性は悪くない。9月3日から開催された「三国初優勝争奪戦」では、浜先と同じくフライングに苦しみB級に降格した愛知の佐藤博亮が積極的に攻めて万舟券を提供するなど躍動し、優勝戦まで駒を進める姿が見られたが、浜先も思い出ある水面で活躍する姿をまた見せてほしいと思う。

全国過去3節成績
データは前検日に更新いたします